北大阪セラピーラボ

<不登校> ゴールデンウイーク(GW)後・連休後から不登校に!

新学期・新学年が始まって数週間たつと、待ちに待ったゴールデンウイーク(GW)がやってきます!。4月の入学式や始業式から毎日忙しく登校していた子も、ようやく一息つける大型連休です。これまで不登校や不登校気味だった子や親御さんも一安心されるのでは?

連休でゆっくり休息をとって、5月(週明け)からも頑張って登校してもらいたいところです。しかし、意外とゴールデンウイーク(GW)や連休を境にピタッと登校できなくなる子が多いのです。連休で疲れも取れたはずなのに・・と、不思議に思われることでしょう。

過去に不登校の経験があり、4月から再登校していたもののGW明けから不登校になってしまう子の心境は非常に複雑です。もともと「また不登校になったらどうしよう・・」という不安が強く、「これからは一日も休まずに登校しなければ!」と緊張しすぎる子が多いのです。

しかし、学校に慣れるまではある程度の緊張感は、つらい登校へと立ち向かう気力・勢いになってくれるために必要です。「週末の休日」だけなら「程よい緊張感」を保ちつつダウンもしないのですが、GWや他の連休のように休日が何日も続いてしまうと気持ち緩みすぎてしまいます。毎日の登校に慣れる(安定登校)前に気持ちを上げる気力(登校意欲)を失ってしまうわけです。文章ではわかりづらいかもしれませんが、カウンセリングではホワイトボードに図示しながら説明いたします。

このように、「新学期早々の登校状態」を北大阪セラピーラボでは「気力や勢いだけで登校している」と呼んでいます。気力や勢いだけでの登校は長続きしません。たとえば、水泳の「息継ぎ」のような適度の休息・リラックスが必要です。

この「息継ぎ」には「物理的な息継ぎ」「精神的な息継ぎ」があります。物理的な息継ぎは週末の「休日」です。少しでも身体を休めて体力を回復させるのです。精神的な息継ぎは「ストレス発散」です。もちろん、趣味やゲームなど好きなことをしてリラックスすることも大事ですが、意外と「言葉による発散・リラックス」の方が効果絶大です。

不登校のカウンセリング中にも説明いたしますが、親子の間でしっかりと「マイナス感情」が出せ、子どもさんが「はーっ、すっきりした!」と感じるぐらいまでやっていただきたいのです。「思春期・反抗期の子が親に色々しゃべるなんて・・」と信じがたいかもしれません。当ラボが得意としている対応のテクニックをしっかりとアドバイスいたします。

2018.05.22

北大阪セラピーラボ (大阪府茨木市:JR茨木駅より徒歩4分)
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

記事一覧へ戻る

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>(JR茨木駅から)

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」があります。線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。そこを曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。エレベーターを降りると足元に「消火器」があり、そこの左奥です。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はあえてしていません)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夕方なども時間によっては電話に出られないことがあります)⇒空き時間に限り、電話受付も可能になりました。詳しくは「電話受付」のご案内ページをご覧ください

ktlabo.2018@gmail.com(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 約4分

営業時間:10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日の14:30以降〈祝日は休みません〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約