北大阪セラピーラボ

<不登校> 大事な話を避けるべき「三大NGタイミング」

親子の間で「不登校」や「再登校」といった大事な話をする際、子どもの性格を考えて話すのは承知されていると思いますが、それだけでなく、会話をする「タイミング」もしっかり計っておかないと、せっかくの会話が台無しになるかもしれません。

会話のタイミングは年齢が低いほど重要です。たいていの場合、分別がついたり理性が働くようになってくると、ある程度の感情は抑えられるのですが、小学生はもとより中学生ぐらいまでは、なかなかそうはいきません。

また、たとえ分別や理性があったとしても感情を抑えづらいタイミングがあります。それは「空腹時」「眠気の強い時」「疲労のピーク時」です。これを北大阪セラピーラボでは「本能的なストレス」と呼んでおります。これらは意識してもなかなかコントロールすることができず、強引に話そうとすると子どものイライラを招いてしまったり、なかには「うるさーい!」と大声をあげたり、物を投げて大爆発する子もいます。もちろん、これは親子関係に限ったことでなく、学校の担任の先生や不登校専門のカウンセラーであっても、タイミングを誤るとうまく話を進めることができません。

そのため、不登校の原因や再登校・受験といった大事な話をする際は「NGタイミング」を最優先で考えていただきたいと思います。どうせ話をするなら「食事のあと」「ひと寝入りしてから」「少し休憩してから」など、タイミングを少しずらすだけで、より効果的なムードで会話を進めることができるようになるのです。実際の不登校のカウンセリング現場でも、「NGタイミングというのは盲点でした」「『本能的なストレス』は私にも当てはまります」「タイミングを工夫すると子どもの反応が変わりました!」といったご意見、ご感想をたくさんいただいています。

2018.01.27

北大阪セラピーラボ (大阪府茨木市:茨木駅より徒歩4分)
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
未分類
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」と、下り用の「階段」があります。「歩道」の方を線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。右に曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はせず、なるべく質素にしています)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夜も時間によっては電話に出られないことがあります。また、従来の「090-1588-5186」もご利用可能です)

ktl-2017@kansai.me(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 4分

営業時間:毎日 10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日〈祝日は営業しています〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約