北大阪セラピーラボ

ご挨拶

不登校・非行専門カウンセラーとして"35年目"を迎えます

北大阪セラピーラボ代表・所長の小川和夫です。

私はこの仕事に就いて2022年で35年目になります。これまで不登校と非行問題を中心に取り組めたことで、2018年「不登校専門・非行専門の家族療法カウンセリング専門機関」として長年居住している大阪府茨木市に「北大阪セラピーラボ」を開業させていただきました。駅からも徒歩3~4分と近く、迷いにくい場所を探すため、数十件の物件を探し、一年以上かけてようやく現在の地に落ち着きました。

当ラボのカウンセリングでは専門用語も難しい説明もほとんどなく、一般の方が日常的に使っておられる言葉を中心に「具体的でわかりやすいアドバイス」をお出しすることに心がけています。また、一回のカウンセリング時間を長くお取りしていることや、私の性格や雰囲気もあるのでしょうか、話が弾んだり気軽に質問をいただけることもあり約二時間のカウンセリングでもアッという間に過ぎ、延長してしまうこともしばしばです。

北大阪セラピーラボ代表・所長の小川和夫

私が初めて携わったご相談が「不登校」、そして二番目が「非行」でした。私はこの「不登校」と「非行」のカウンセリングに携わることができたことはまさしく運命だと思います(もともと小学校の教員志望)。それからというもの、私が今でも「もっとも得意」で「もっとも取り組みたい」ご相談は不登校非行問題です。もちろん、経験や年齢を重ねたことでカウンセリングの相談内容の幅も広がってまいりました。それ以外のご相談も内容によりお受けしております。

カウンセリングルーム

これまで約2000件(2000家族)の不登校や非行問題の相談を中心に担当させていただきました。それでも今もご家族や子どもさんごとに少しずつ状況が違うため、常に新鮮な気持ちで取り組むことができています。もちろん、時代の変化・進歩も大きく影響しているでしょう。その意味で、今後も様々な経験を重ねる度に不登校専門・非行専門のみならず、対応の幅(相談内容・年齢層)を広げていけるよう精進してまいります。また、当然のことながらこれまでのカウンセリング経験(現場経験)は皆さまのご相談内容の短期解決に向け惜しみなく還元させていただきます。何より私はアドバイスの出し惜しみが苦手です。

解決の見通しを示します

代表者・小川和夫 略歴

昭和40年(1965年)

兵庫県生まれ

昭和63年(1988年)

大学卒業+家族療法専門機関(淀屋橋心理療法センター)に入社。精神科医の指導のもと、不登校・非行(素行不良)のカウンセリングを中心・専門に取り組む(※1)

不登校・非行問題研究室 室長

平成28年(2016年)

同社を退職

平成29年(2017年)

大阪府茨木市に「北大阪セラピーラボ」を設立→開業は2018年

(※1) これまで淀屋橋心理療法センターの不登校・非行担当として説明文や多数の記事を書き、文末には「小川和夫」の名前を残していただき感謝していたのですが、2022年8月に確認したところ説明文や記事は残っているものの、私の個人名は消えておりました。退職のため当然ともいえますが残念です…。

専門

家族療法 (不登校・非行専門+本人の来所不要)

取得資格

小学校教諭 一級(一種)免許

幼稚園教諭 一級(一種)免許

実用英語検定2級

出版物

出版物を紹介させていただきます。

「よくばり保健ライフ 第三集」 内容紹介

よくばり保健ライフ 第三集

インタープレス 2002年8月30日 2,600円(税込)

特集 休み始めたらすぐ動く!不登校

あなたの保健室にも、こんな生徒が顔をのぞかせていませんか?

「見守りましょう」の落とし穴

長びくことで変わる「不安」

「息継ぎ」はできているか

「気まずさ」と「気軽さ」

休み始めたらすぐ動く!

不登校のタイプ別対応の仕方

  • 心身症タイプ(心のストレスが身体の症状となってあらわれるタイプ)
  • 言いたいことが言えない子
    自分の持ち味がわかっていない子
    「会話の主導権」をキーワードに緊張感が高まる話でもできる子に
    自分の得手・不得手をしっかりと認識し、自分らしくふるまえる子に

  • 過食症・拒食症タイプ
  • 「やせ願望」と「家族関係」
    「おだやか家族」と副産物
    自分の本質が芽を出してくる
    自分を知る→工夫できる→自信がつく
    過食症・拒食症に多いタイプとは・・・
     意外とこわがり
     心の傷をひきずる
     気づかいが優先
     気にしー
     しつこくこだわる
     素直に受け止められない
     「自己主張できる私」へ

  • 対人緊張タイプ
  • 対人緊張とは・・・
    学校では緊張しっぱなし
    治そうとする努力が逆効果に
    他の不安が隠れていることも
    「罪のないうそ」でピンチをのりきる
    自分のいきづまりを認められる子に

  • 非行タイプ
  • 教師も親もお手上げ状態
    「強がり」は仮の姿。実はとっても「さびしがり屋」なんです
    見た目は「派手」。でも、内面はとっても「デリケート」なんです
    昔は「手のかからない」「良い子」だったんです
    友だちの前では「明るくて人気者」。実は「気をつかっている」んです
    「プライド」が高く「弱音」を吐くのが恥ずかしい。だから、不安や苦手なことは避けたいんです
    「まじめ」で「正義感の強い」ご両親が多いのです

「何でも話せる関係」から「再登校(教室登校)」へ

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>(JR茨木駅から)

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」があります。線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。そこを曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。エレベーターを降りると足元に「消火器」があり、そこの左奥です。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はあえてしていません)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夕方なども時間によっては電話に出られないことがあります)⇒空き時間に限り、電話受付も可能になりました。詳しくは「電話受付」のご案内ページをご覧ください

ktlabo.2018@gmail.com(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 約4分

営業時間:10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日の14:30以降〈祝日は休みません〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約