北大阪セラピーラボ

特徴

独自のカウンセリング

独自のカウンセリング

北大阪セラピーラボのカウンセリングは「親御さんの悩みをじっくり聴く」「時間をかけてゆっくりと改善させていく」といった甘いものではありません。通常は「カウンセリング」という言葉を使用していますが、実際は「セラピー(Therapy)=心理療法」です。あくまで不登校の短期解決(=再登校)を目標とし、子どもさんの性格や持ち味をなるべく早く分析し具体的でわかりやすいアドバイスをお出しすることに意味があると考えています。また、対症療法的に解決するのではなく根本的に解決し、再発の心配もなくなることが理想的なゴールだと考えています。終了時には不登校になる前よりも元気でよくしゃべるようになったという方がほとんどです。しかも、私どものカウンセリングは、「家族療法」を基本にしつつ、親御さんを主役として短期間に再登校に導けるよう改良し、「親御さんのみの来所=ご本人ぬき」のカウンセリングで非常に高い効果を上げています。

ゆったりした面談時間

ゆったりした面談時間

30~50分ぐらいの面談時間では短すぎてお話を聴くだけで終わってしまい、肝心のアドバイスが十分にお出しできません。一方、面談時間が長くするだけでは効果は思った程は上がりません。時間が長くなると多くの質問やアドバイスが多岐にわたりすぎてしまい、アドバイスや対応の優先順位がわかりにくくなってしまう上、なにより親御さんが疲れてしまいます。長らく経験を積み重ねたのち「120分」が毎回の面談にメリハリがつき、短期解決にとっても十分な時間であることがわかりました。しかも、アドバイスをお出しする限りは親御さんにとって無理のないものでなければなりませんし、長く継続できなければ意味がありません。効果的なアドバイスではありますが、親御さんにとっては今までよりも省エネで対応できるよう配慮しています。衛生面においても昨今の新型コロナの影響もあり、カウンセリングを終える度に部屋を換気し、テーブル・イスなどの消毒作業を行っています。そのため、従来はカウンセリングが終わると程なく次の方を案内していたのですが、現在は30分の空き時間をとらせていただいております。

面談方法

家族療法による独特な面談方法

難しい専門用語で説明されたり、暗かったり堅苦しい雰囲気のカウンセリングは、通うだけでも気が重たくなるものです。北大阪セラピーラボでは、和やかな雰囲気で気軽に質問できるなど、時には笑い声も飛び交うカウンセリングが通常です。毎回の終了時には「よし、次も頑張ろう」となっていただけるのが理想です。これまでに他所でカウンセリングを受けられた方から、あまりの違いに驚かれることもしばしばです。

また、マグネットが使える大きめの「月別カレンダー」に、「登校した日・休んだ日・キレた日・学校行事のある日・友だちと遊んだ日」などを色別のマグネットで明確化し、毎日の流れを把握しながらパターンを見ていきます。さらに、大きな「ホワイトボード」には具体的でわかりやすいアドバイスを書くあげていくことでメモもとりやすく、家に帰られてからふりかえったり、両親間で共有していたただけます(メモをとる時間は十分に確保します)

母子家庭・父子家庭の場合

母子(父子)家庭・単身赴任の場合

以前から「母子家庭」や「父親が単身赴任」のご相談は少なくありません。しかも、どのお母さんも仕事と子育てを両立させようと毎日大忙しであったり、無理をしてでも頻繁に帰省されるお父さん(新型コロナ禍のために帰省が難しい場合はzoom・Skypeなど工夫されている方も多いようです)。我が子の不登校解決への意気込みや家族愛の深さには本当に頭が下がります。ただし、頑張りすぎるあまり体調を崩してしまわれたら元も子もありません。前述の通り頑張りすぎなくても効果が上がる方法をアドバイスさせていただきます。

学校との連携

学校・先生方との連携

不登校の解決に当たっては担任の先生や保健室の先生、時には学年主任、生徒指導、教頭・校長先生にも協力をいただく場合があります。もちろん、カウンセラーが独断で学校に連絡することはありません。学校への協力依頼は親御さんを通じてお願いします(学校への連絡は必要な場合のみ)。まれに協力を得るのが難しい学校(先生)もありますが、その場合は別の方法を相談させていただきます。また、時には学校の先生方が当ラボへの訪問(相談・打ち合わせ)をお申し出くださることもありますが、もちろん大歓迎です(親御さんの同意の上)。私どもも時間の調整がつけば学校に出向かせていだくこともあります

医療機関との違い

医療機関との兼ね合い

かかりつけのクリニックや病院のメリットは投薬・入院・手術などたくさんあります。腹痛や頭痛など身体的な疾患があれば、まずはかかりつけの医療機関を受診されるのいうのが当然の流れでしょう。そこで、体調不良になるほどの理由が見つからなかったり、心理的な・精神的な理由を指摘された場合は、ぜひ当ラボにご相談ください。北大阪セラピーラボでは、カウンセリングと並行して小児科・内科など症状を改善するための治療目的でのかけもちは何ら問題はございません。一方、アドバイスを主とする相談機関・カウンセリングとの掛け持ちは避けていただくようお願いしています。それぞれ別のアドバイスが出されたり、目標設定が違うなど親御さんが混乱されるのを避けるためです(様々な本を読まれたりネット記事をたくさんご覧になりすぎて同様の状況になられた方もおられるのでは?)。心理的な相談はしっかりとお考えの上で一本化をお勧めいたします。

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>(JR茨木駅から)

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」があります。線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。そこを曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。エレベーターを降りると足元に「消火器」があり、そこの左奥です。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はせず、なるべく質素に努めています)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夕方なども時間によっては電話に出られないことがあります。また、従来の「090-1588-5186」もご利用可能です)

ktlabo.2018@gmail.com(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 4分

営業時間:10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日〈祝日は営業しています〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約