北大阪セラピーラボ

<不登校> 休日に友だちと外出したり夜もネットゲームしてるんだけど…

不登校している子にとって、連絡の取りあえる子がいたり何かあれば相談できる子がいればどれだけ心強いことでしょうか。今はネット時代ですので、毎晩ネットゲームやオンラインチャットなどで「繋がり」を持っている子も多いようです。また、平日は不登校であっても休日には友だちと一緒に映画や食事(ファストフード)、ゲームセンターなどに外出する子も割といるようです。

 

学校に行っていないのに遊びに行かせてよいものか…

親として、「学校に行っていないのに遊びに行かせてよいものか…」と葛藤・困惑される方も多いと思いますが、悩んだ末「ずっと家にひきこもっているよりマシ」という考えに至るのは一般的なようです。これには私ども不登校専門のカウンセラーも賛成です。少なくとも「少しでも動きがある(外出)」こと、「人づき合いができている」ことは再登校への条件としては必要不可欠だからです。逆に、「家にこもりっきり」の子、「誰とも接触がなく孤立している」子を再登校までこぎつけるのは、踏むべきステップの数が多い分、時間が余計にかかってしまいます。

 

友だちから得られる情報

また、一緒に外出できる子がいれば、いざ再登校しようという時に力を貸してくれることも多く、ぜひ大事にしておいてもらいたいものです。特に、同級生(同クラス)ならなおさら助けになります。最近は小学校でも中学校でも、学校から連絡をいただいたり、プリント類を届けてもらうのは「一週間に一回」ぐらいが定番のようです(それより少ない場合も…)。ただ、そこで得られる情報はいわゆる「事務的」な内容です。一方、友だちから得られる情報は、「〇〇は今日も遅刻してたわ〜」「〇〇の授業でこんなことがあってみんな爆笑したわー」など、実に「生々しい情報」がもたらされます。おまけに彼ら(彼女ら)は休み時間や昼休みなど、担任の知らない情報にも精通しています。

 

再登校する前の心づもり

担任から得られた「席替え・行事」情報や、友だちから得られた「クラスの様子・出来事」などを耳にしていると、いわゆる再登校した際の「浦島太郎」状態は避けられます。また、「今はこんな状況だから、こんな感じで入っていけばいいか・過ごせばいいか」という再登校する前の心づもりをしておくこともできるわけです。

解決のキーワード=情報提供孤立を避ける同級生とのつながり心づもり

2022.03.16

北大阪セラピーラボ
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

記事一覧へ戻る

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>(JR茨木駅から)

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」があります。線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。そこを曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。エレベーターを降りると足元に「消火器」があり、そこの左奥です。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はあえてしていません)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夕方なども時間によっては電話に出られないことがあります)⇒空き時間に限り、電話受付も可能になりました。詳しくは「電話受付」のご案内ページをご覧ください

ktlabo.2018@gmail.com(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 約4分

営業時間:10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日の14:30以降〈祝日は休みません〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約