北大阪セラピーラボ

<不登校> もうすぐ二学期。再登校に向けての重要なサインとは?

長かった夏休みもまもなく終わります。お盆も過ぎたころから、いよいよ二学期(新学期)を意識する時期になってきているはず。ちなみに、大阪府の公立小学校・中学校の場合、2018年は8月27日(月)あたりから二学期という学校が多いようです。

不登校の子をお持ちの親御さんも、夏休みに入ってしばらくは「学校・再登校(不登校)」という話題は、控えておられたのはないでしょうか?「お盆が終わった」「二学期まであと少し」となってくると、宿題のこなし具合も気になるでしょうが、子どもさんが不登校や不登校気味の場合、「二学期からちゃんと行けるのか?」という気持ちがにわかに強くなってくるでしょう。

不登校状態の子が二学期に向けて「再登校」を考え始めると、次第に出てくるのが「不安・迷い」を代表とする「弱気な面」です。この「弱気な面」を二学期に向けて次第に口にできるようになっていると、弱気な「心理状態」と「発言」が一致しているため、発言をしている割には(心理)状態は落ち着いています。さらに、雑談や不満・悪口など、弱気な面以外の発言も親子の間で自由に交わせるほどの関係が築けていれば、再登校の見通しが十分に開けてきているサインです。

不登校の子にとって、再登校は「不安との闘い」といっても過言ではないでしょう。「勉強の遅れ」「友だち関係」はもとより「みんなの話題に入っていけるか」「不登校していたから皆からいじめられないか」といった不安など、避けては通れない道(事)にしっかり向き合えることが大事なのです。一方、二学期(新学期)からの再登校のことを尋ねると「行くよー」「行くつもり」など、比較的簡単に答えてしまう子や、だんまりを押し通している子の場合、再登校が実現できない可能性が高く、結果(再登校・不登校)を見たうえで、早急に不登校専門のカウンセリングなどで、対応の見直しをお勧めいたします。北大阪セラピーラボでは、子どもさんが来所ができない場合でも十分に対応のアドバイスをお出しできます(親御さんだけの来所が中心です)。親御さんの「やる気」と「努力」が実を結ぶよう、不登校専門カウンセラーが力を尽くします。

尚、二学期すぐの再登校ができない場合でも、不登校の慢性化を防ぐためにも極力早く手をうっていただくことをお勧めします。

2018.08.24

北大阪セラピーラボ (大阪府茨木市:JR茨木駅より徒歩4分)
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
未分類
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」と、下り用の「階段」があります。「歩道」の方を線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。右に曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はせず、なるべく質素にしています)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夜も時間によっては電話に出られないことがあります。また、従来の「090-1588-5186」もご利用可能です)

ktl-2017@kansai.me(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 4分

営業時間:毎日 10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日〈祝日は営業しています〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約