北大阪セラピーラボ

<非行> 夏休みから相談が急増する非行(素行不良)問題

中学校や高校に入学してしばらくは大人しく(真面目に)していたものの、夏休みから急に素行が悪くなる子がいます。いわゆる非行(素行不良)です。

夏休みに入ってから「急に帰ってくるのが深夜や早朝になった」「不良(素行不良)の子と付き合うようになった」「服装や頭髪の色が変わったり、知らないものを持ち帰るようになった」「警察から『万引きをした』と連絡が入った」・・。これらはほんの一例です。

夏休みから急に非行化(素行不良)になってしまった場合、二学期(新学期)から学校に行かなくなったり(=不登校)、遅刻や早退が急増することもよくあります(学校でも色々な問題を起こす場合もあります)。

非行(素行不良)のご相談の場合、不登校に比べて、親御さんが何かと巻き込まれ、時間が経つとともに親御さんの方が疲れ切ってしまう場合がよくあります。お父さん(父親)がキレてしまい、親子間での暴力に発展することもあります。その結果、非行(素行不良)化した子が、いっそう自宅(親や家族)と距離をおいてしまい、会話はもとより連絡すらとりづらくなる場合も・・。

上記の理由から「非行(素行不良)」の相談は一日も早くカウンセリングをスタートされることをお勧めしています。来所されるのはもちろん親御さんだけ十分です。少しでも会話や連絡があるうちに・親御さんが疲れきったりキレてしまう前にカウンセリングをスタートすることができれば、解決の道を開くことは十分に可能です。一方、会話はおろか連絡すら取れなくなってしまった場合は、私どもの得意な「会話の工夫」のアドバイスすること自体が困難になってしまいます。

非行(素行不良)の子は、対応次第(=親の出方次第)で態度が変わるのが特徴の一つです。「きつく叱りつけたい」「「こうなってしまったら改善するのは無理かも・学校も辞めても仕方ないか」という気持ちをおさえつつ、非行(素行不良)のカウンセリングにて解決の糸口を見つけ出しませんか?非行(素行不良)の子は悪くなるのも急速ですが、対応のコツをつかんでいただければ親への態度や反応もどんどん変わってきます。特に、高校生の場合は早期対応+解決の方向に進めないと「留年・中退」といった問題も絡んできます。

2018.08.11

北大阪セラピーラボ (大阪府茨木市:JR茨木駅より徒歩4分)
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
未分類
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」と、下り用の「階段」があります。「歩道」の方を線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。右に曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はせず、なるべく質素にしています)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夜も時間によっては電話に出られないことがあります。また、従来の「090-1588-5186」もご利用可能です)

ktl-2017@kansai.me(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 4分

営業時間:毎日 10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日〈祝日は営業しています〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約