北大阪セラピーラボ

<不登校> 勉強の遅れはどうすれば良いか

カウンセリングを進めていると避けては通れないのが「勉強の遅れ」です。どの親御さんからも必ず相談されると申し上げても過言ではありません。

不登校になって間もないならまだしも、何か月も勉強から遠ざかってしまうと「勉強の遅れ」そのものが不登校の理由の一つになってしまう場合も。色々な親御さんに対策をお聞きすると「家庭教師」「通信教材」「親がみる」などが多いようです。他にも、ネット上に元予備校の講師の授業がアップされていたり、スマートホンのアプリなどでも学習教材は得られます。
しかし、様々な勉強の環境を整えてもらえるものの、一生懸命がんばって勉強の遅れを取り戻そうとする子はあまり多くないのが実情です。勉強の遅れを取り戻すことは不登校の子にとって最優先ではないのでしょうか?
実際、カウンセリングを進めていると、確かに不登校のきっかけの中に「勉強の遅れ」はあるものの、決め手となったのは「テストの点数を友達に笑われた」「先生にあてられたが答えられず恥をかいた」「みんなから『字が汚い』とからかわれる」などが多く、どちらかというと勉強そのものというよりはクラスメートや先生の目や声といった「対人関係」の方がつらかったようです。当ラボでもほとんどの子が勉強は追いつけないままながらも再登校できています。
では、対人関係の問題はどうすれば良いか・・。人の目を気にしないようにするために「何を言われても気もちで負けない」「言われたら言い返す」「嫌なことを言われたら睨みつけてやる」・・・このような考えが一般的かもしれませんが、気の弱い子にとってはとてつもなく大きな課題です。
そんな場合、勉強を完全に追いつくというよりは、「勉強」の話題がタブーにならないようにする方が得策です。これまで勉強をめぐって味わってきた苦い思い出を訴えたり、「勉強なんか××だー!」「勉強できなくても生きていける!」など、愚痴や文句などを思う存分に言わせてあげるのです。グチグチ言った方が弱気な気もちも和らぎやすく、良い意味で「ひらきなおる」ことができたり、勉強を始めとする「学校・再登校」といった話にも向き合いやすくなります。

2019.04.02

北大阪セラピーラボ
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
未分類
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」と、下り用の「階段」があります。「歩道」の方を線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。右に曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はせず、なるべく質素にしています)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

090-7093-2017 初めての方はメールフォームをご利用ください (面談中・時間外などは電話に出られません)

ktl-2017@kansai.me(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 4分

営業時間:毎日 10:00 ~ 20:00

定休日:日曜日・祝日(日曜日・祝日の予約希望の方が多く、定休日は当面「なし」です)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約