北大阪セラピーラボ

<不登校> 私立高校受験の本番にむけて

ここ関西(近畿地方)では、毎年2月上旬から中旬にかけて私立高校の入試が行われ、早いところ(県)では、すでに1月に終わっているところもあります。公立高校との併願受験ではあれはまだチャンスはありますが、「専願」の子にとっては自分の人生を左右しかねない大きな山場を迎えるわけです。また、不登校の子にとっては「再起」をかける大きなチャンスでもあるだけに、ここは何としても自分が選んだ高校に入学したいもの。今回は、そんな不登校の子と、中学校での親代わりとも言うべき「担任の先生(教師)」についてまとめてみます。

中学三年生の担任の先生は、二学期から高校受験が終わるまでほとんど気が休まる日がありません。実力テストの結果をまとめたり、内申書を作成したり、年末年始には私立高校を専願受験する子の高校に何校も出向いては、「教育相談」なるものを受けられます。私も或る私立高校に出向く機会があり、行き帰りの道すがら二人組の中学校の先生と思しき方々と何度もすれ違いました。さらに、不登校の子を受け持っておられる先生は、不登校の子を受け入れてくれる高校や通信制・単位制高校の情報にも精通していなければなりません。それゆえ比較的ベテランの先生が担当(担任)されることになるのでしょう。

一方、不登校の子にとっては、「高校から仕切り直したい」「嫌な子・いじめる子と離れる絶好のチャンス」「不登校だったので学力・体力・対人関係面が大丈夫か不安」「高校に入ってもまた不登校にならないかな・・」など、様々な感情が交錯するのがこの高校受験です。私どものカウンセリングの経験では、受験する高校を納得して決め、起こりうるピンチを予め予測しておき、学校と家庭の連携(連絡)を積極的にとっていただくことで、ほとんどの方が中学時代より随分と成長した姿を見せてくれています。何より、不安や不満といったマイナス感情が口に出せるようになっている子であれば、カウンセラーとしてもまずまず安心して見守れます。また、入学後もある程度安定するまではフォローとしてカウンセリングを希望される方も多く、一定の安定登校を見届けた上で「カウンセリング終了」とさせていただくことも可能です。

2018.01.29

北大阪セラピーラボ
代表 小川和夫 (不登校・非行専門 心理カウンセラー)

不登校・非行チェックリスト
不登校 高校受験
不登校・非行ワンポイント記事
未分類
キャンペーン情報

北大阪セラピーラボへのアクセスaccess

<徒歩>

「JR茨木」駅の改札機を出て「左」に向かってください(=西口)。つき当たりを「左」に向いていただくと、ゆるやかな坂道の「歩道」と、下り用の「階段」があります。「歩道」の方を線路沿いにまっすぐ「イオンモール茨木」方面(大阪方面)に2分ほど歩いていただくと、「右側」に道が枝分かれしています。右に曲がっていただき、すぐ左手にある白とクリーム色のマンションが「レジオン小島」です。 (1Fは「いえだ歯科医院」「美容室(ロンドンプラス)」で、看板などを目印にしていただくとわかりやすいと思います)。 エレベーターで5Fの「508号室」までお越しください。

(当ラボの一階の集合ポストには「KTL 小川」、玄関扉には「北大阪セラピーラボ」のプレートがあるだけです。「不登校・非行・カウンセリング」という表記はせず、なるべく質素にしています)

<「JR茨木」駅までの電車での所要時間>

<お車>

北大阪セラピーラボについてabout

北大阪セラピーラボ

〒567-0033 大阪府茨木市松ヶ本町 5-41 レジオン小島 508号室

072-623-2018 初めての方はメールフォームをご利用ください (カウンセリング中・夜も時間によっては電話に出られないことがあります。また、従来の「090-1588-5186」もご利用可能です)

ktl-2017@kansai.me(→メールフォーム

「JR茨木」駅より徒歩 4分

営業時間:毎日 10:00 ~ 20:00

定休日:月曜日〈祝日は営業しています〉)

代表・所長:小川和夫(不登校・非行専門 心理カウンセラー・ファミリーセラピスト)

ご予約ページのトップへ
ご予約